ギャンブル依存症について知ろう

節度を保って遊べば、カジノゲームは息抜きや娯楽の手段としてスリルや興奮を味わえるものですが、のめり込み過ぎると、大きな問題につながる可能性もあります。このようなギャンブル依存症の状態になってしまうと、大げさな話ではなく、人生の道を踏み外してしまうかもしれません。

オンラインカジノサイトの大半は、利用者がこのようなギャンブル依存症にならないようにするため、責任のあるゲームプレイを呼びかけていますし、サイト側でも何らかの対策を用意したり、参考になるリソースを提供したりしています。

このページでは、ギャンブル依存症に関する基本的な情報、オンラインカジノが用意している対策、またどこで助けを求められるのかについて簡単に紹介します。

ギャンブル依存症とは?

info icon 1ギャンブル依存症(医学的な正式名称はギャンブル障害)になってしまうと、問題のある賭博行動を継続して繰り返し行い、それによって心身に機能障害や苦痛がもたらされてしまいます。また、貧困、人間関係の損失、個人的な生活の崩壊などの結果があるとしても、以上のような賭博行動を繰り返し継続的に行うようになってしまいます。

また、日本の国会で議論されている「ギャンブル等依存症対策基本法案」では、「ギャンブル等にのめり込むことにより日常生活又は社会生活に支障が生じている状態」として定義されています。