中国のゲーム牌九をカードでプレイするパイゴウポーカー

中国のゲームである牌九(パイゴウ)と、ポーカーを組み合わせたらどうだろうか? ということで、1985年にアメリカは南カリフォルニアのカジノオーナーであるサム・トロシアンが考案したゲーム。それがパイゴウポーカーです。ちなみに、考案者本人はこのゲームに関する特許を申請しなかったため、他のカジノにゲームをパクられても一銭ももらえなかったそうです。

オリジナルの牌九では21種32枚の牌を使用し、親と各プレイヤー(最大7人)がより強い役を作って競い合うゲーム。特徴的なのは、各自が2組の手を作り、両方の手が勝っている場合は勝ち、両方が負けなら負け、片方が勝っている場合は引き分けとなる点です。パイゴウポーカーにはこの特徴が引き継がれています。

このように変則的なルールのポーカーに興味がある人は、ぜひこのページを読んで、パイゴウポーカーの基本的な流れを抑えて、パイゴウポーカーの世界に触れ、このちょっと変わったポーカーに挑戦してみましょう。

実際に試し て検証済み
登録ボーナス
ゲームの一覧
モバイル
人気
もっと見る
最高$200の100% +11回のフリースピン
Europe Japan
2700
スロット
100
テーブルゲーム
57
ライブカジノ
7/10

パイゴウポーカーの基本的なルール

Paigow Pokerパイゴウポーカーでは、52枚のカードとジョーカー1枚が使われます。ディーラーに加え、最大6人のプレイヤーが参加できますが、これはプレイヤー同士が対戦するゲームではなく、バンカー役(この記事ではディーラーがバンカー役を務めるものと仮定します)を倒すことが目的です。

通常のポーカーと大きく違う点であり、オリジナルの牌九のアイディアが活かされている点は、各自が7枚のカードを使って2組の手を作ることです。

そのうち、1組は5枚のカードによって構成される「ハイハンド」。もう1組は2枚のカードによって構成される「ローハンド」とし、ハイハンドのほうがローハンドよりも強い状態でなくてはなりません。このルールを破ると、賭け金を没収されることになるので注意しましょう。

ちなみに、パイゴウポーカーではどのように手を作ったらいいかわからない場合、ディーラーにアドバイスを求めれば教えてもらえることがほとんどです。この点も他のゲームとは違っている点ですね。

ディーラーが各自に7枚のカードを裏向きで配り、全プレイヤーは2組の手を作ります。その後、ディーラーはカードを開示し、カジノのルール(ハウスウェイ)に従って手を作ります。その後、ディーラーから見て右側のプレイヤーから順にカードを開示し、勝敗を決していきます。

カード5枚のハイハンドは、通常のポーカーの役を基準に判定します。ただし、パイゴウポーカーではA(エース)4枚に加え、ジョーカーをAと解釈したファイブ・オブ・ア・カインドが最強の役となります。

プレイヤーの両方の手がディーラーのものより強いと、プレイヤーの勝利です。両方の手がディーラーのものより弱いと、プレイヤーの負けです。いずれか片方が勝ちの場合は引き分けになります。なお、プレイヤーの手がディーラーと全く同じ手の場合は、ディーラーの勝ちになる点に注意してください。

プレイヤーが勝つと、賭け金の1倍が配当となりますが、そこから5%がコミッションとして引かれます。

他にも細かなルールはありますが、パイゴウポーカーの基本的なゲームの流れは以上の通りです。

ジョーカーの役割

なお、パイゴウポーカーでは、次の3つがジョーカーの役割となります。

ストレートを完成させるカードの代わりになる

フラッシュを完成させるスーツの代わりになる。

Aの代わりになる(ローハンドではジョーカーは常にAとして扱われます)。

ジョーカーをうまく活用して、強力な役を完成させましょう。

Paigow Poker Winning Hand

パイゴウポーカーの賭け方

info icon 1パイゴウポーカーでは、カードを受け取る前にベッティングを行います。ゲームのラウンドごとにベッティングを行うテキサスホールデムポーカーなどとは異なり、パイゴウポーカーでベッティングを行うのは、カードが配られる前の一度のみです。

ディーラーから配られたカードだけが勝敗を決定する要素になるため、テキサスホールデムポーカーと比べると、戦略性や心理戦などには劣りますが、ディーラー相手に2組の手で勝敗を決するため、リスクも低くなります。そのため、まったり、のんびりと楽しめるポーカーだと言えます。

カジノやテーブルによっては特定の役に賭けられるサイドベットを用意しており、サイドベットで入手できるボーナスが大きく設定されている場合もありますが、基本的にはプレイヤーが得をする確率は低いので、避けたほうが無難でしょう。

パイゴウポーカーはどこで遊べる?

日本からランドベースカジノに出かけて行くのは時間も旅費もかかりますから、基本的にはオンラインカジノの利用をオススメしたいところ。たいていのゲームはオンラインカジノや、オンラインカジノの提供するライブカジノで遊べるものです。

しかし、パイゴウポーカーを提供しているオンラインカジノは現在では少なめです。この記事の執筆時点で、当サイトがレビューしているサイトではどこもパイゴウポーカーは提供していません。どうやら以前はベラジョンカジノでパイゴウポーカーを遊べたようですが、今は見当たりません。ですが、パイゴウポーカーで遊べるオンラインカジノが見つかり次第、当サイトでの情報を更新していきますので、ご期待ください。

それまでは、気の合う仲間内でまったりとパイゴウポーカーを楽しむか、またはスタンダードなテキサスホールデムポーカーをオンラインカジノで楽しむのもいいでしょう。

まとめ

ポーカーには様々なバリエーションがありますが、2組の手を作り、ディーラーを相手に対戦する形式のパイゴウポーカーは特にユニークなバリエーションだと言えます。その他のポーカーに慣れていて、変わったルールでゲームを楽しんでみたい人にも、パイゴウポーカー独自のゲーム性に興味がある人にも、ぜひこのゲームに挑戦することをオススメします。

残念ながら、現時点ではあまりパイゴウポーカーを提供しているカジノサイトは多くありません。優良オンラインカジノは日々進化していますし、ゲームも頻繁に追加されています。日本語で遊べるオンラインカジノでパイゴウポーカー発見したら、当サイトでも追って紹介しますね! また、目撃情報があったらぜひお寄せください。

最新 スロットレビュー
logo netent1
Gonzos Quest
車輪5
フリースピン はい
ジャックポット2,500
復習
playngo logo
Moon Princess
車輪5
フリースピン はい
ジャックポット50x
復習
netent logo small
Starburst
車輪5
フリースピン いや
ジャックポット
復習
playngo logo
Book of Dead
車輪5
フリースピン はい
ジャックポット
復習