ブラックジャックの親戚ポントゥーン大紹介

各カジノゲームには、その発展の歴史の中で様々なバリエーションが生まれています。ルーレットには主にヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットがありますし、ポーカーには数多くのバリエーションが存在します。今回紹介するポントゥーンは、ブラックジャックの親戚とも呼べるゲームです。

カジノにある程度なじみのある人なら誰もがブラックジャックの名前を聞いたことがあるでしょう。実際にプレイしたことがある人や、ブラックジャック愛好家の人もいるかもしれません。ブラックジャックは主にアメリカで普及したゲームですが、そのイギリス版とも言えるのがポントゥーンです。どちらのゲームも、最も基本的なルールは「21に近い数字を出す」ということで共通しています。

このページでは、ブラックジャックと比較して、ポントゥーンの遊び方について紹介していきます。なお、ポントゥーンにも様々なバリエーションがあるので、ここで紹介しているルールは必ずしも「ポントゥーン」という名称がついたゲームすべてに当てはまるわけではない点にご注意ください

ポントゥーンの基本的なルール

ポントゥーンは、トランプのカードを使ってバンカー役とそれ以外の参加者が対戦するゲームですが、ここではカジノのディーラーがバンカー役を務めるものとします。

ブラックジャックと同じく、ゲームに勝利するには21点かまたはそれに近い数字を出す必要があります。また、21点を超えると負けとなり、ブラックジャックの用語と同じで、これをバーストと呼びます。

各カードの持つ値

Aは1または11点のいずれか、10と絵札は10点、それ以外の数字カードはその数字のままの点数となります。

ブラックジャックと違う点として、カード5枚を組み合わせたファイブカードトリックという役(21点以下となる必要がある)がポントゥーンの次に強い役として定められています。

ゲームの開始とプレイヤーのターン

Pontoonゲームの開始時に、ディーラーを含め各プレイヤーにカードが1枚裏向きで配られます。この段階でベッティングを行います。ベッティングが終わったら、もう1枚のカードが参加者全員に配られます。

手持ちの2枚のカードの合計が21点だった場合、これをポントゥーンと呼びます。ポントゥーンを達成した場合、この時点で宣言を出します。そうではない場合は、次の行動のいずれかを選択します。

スティック: 「これ以上カードは必要ない」という宣言を意味します。ただし、15点に満たない状態ではスティックできません。ブラックジャックで言うところのスタンドです。

ツイスト: 次のカードを表向きで配ってもらうようディーラーに求めます。これは全3回またはバーストするまで可能です。ブラックジャックで言うところのヒットです。

バイ: 賭け金を追加して、裏向きのカードを受け取ります。こちらも全3回可能です。バイのあとのツイストは可能ですが、その逆はできません。ブラックジャックで言うところのダブルダウンです。

スプリット: 同じ数字のカード2枚が手元にある場合、これらのカードを表向きにし2組に分け、それぞれにベットを賭けてプレイできます。ディーラーはそれぞれの組に裏向きでカードを1枚ずつ配ります。

ディーラーのターン

プレイヤーの行動が終了したら、ディーラーはカードを開示します。この時点までディーラーのカードは誰にも分からないようになっているのは、ブラックジャックとの大きな違いです。

ディーラーのカードがポントゥーンだと、ディーラーの勝ちとなります。

それ以外の場合、ディーラーはツイストまたはスティックを実行することになりますが、次のような縛りが用意されています。ディーラーのカードがAを含む「ソフトハンド」で合計17点以下だと、ディーラーはツイストしなくてはなりません。Aを含まない「ハードハンド」で合計が17点以上の場合はスティックしなくてはなりません。

勝敗の決定

blackjack iconさて、ディーラーの行動の結果には、次の3つの可能性があります。

ディーラーがバーストした場合: この場合はディーラーの負けとなり、バーストしていないプレイヤーに対して賭け金相当額の配当金が支払われます。ポンツーンまたはファイブカードトリックを達成したプレイヤーには、賭け金の倍額となる配当金が支払われます。

ディーラーが4枚以下で21点以内の点数を出した場合: ディーラーの点数を超えるプレイヤーに対して賭け金相当額の配当金が支払われます。ポンンツーンまたはファイブカードトリックを達成したプレイヤーには、賭け金の倍額となる配当金が支払われます。なお、ディーラーが21点を出した場合は、ポントゥーンまたはファイブカードトリックを達成したプレイヤーに配当金の支払いが行われます。

ディーラーがファイブカードトリックを出した場合: ポントゥーンを出したプレイヤーにのみ支払いが行われ、賭け金相当額の倍額が提供されます。

なおカードの合計値が同じ場合は常にディーラーの勝ちとなる点に注意しましょう。

Pontoon 2 to 1

オンラインカジノでポントゥーンを遊ぶには

この記事を執筆している2019年12月現在、当サイトで紹介しているオンラインカジノではポントゥーンを提供しているカジノはあまり見かけません。

唯一、ビデオスロッツでポントゥーンがテーブルゲームとして提供されています。ビデオスロッツのゲーム数は4,000本近くと、どのオンラインカジノよりも多く、非常にオススメできるサイトです。ポントゥーンはもちろんのこと、他のゲームも楽しめますから、ぜひサイトに登録してみることをオススメします。

また、ポントゥーンの親戚であるブラックジャックならたいていどこのオンラインカジノでも提供されているので、もしまだブラックジャックで遊んだことがないのであれば、まずはブラックジャックを試してみるのもいいでしょう。本場のカジノに近い体験を味わえるライブカジノでも数多くのブラックジャックテーブルが用意されています。

まとめ

オンラインカジノでよく見かけるおなじみのゲーム以外のもので遊びたいという人には、ブラックジャックの親戚や変形版とも言えるポントゥーンで遊んでみることをオススメします。

そうは言っても、ポントゥーンを提供している日本語対応カジノはあまり見かけません。その代わり、もっと頻繁に提供されているブラックジャックの腕を磨いて、一攫千金を目指してみるという道もあります。いずれにせよ、ポントゥーンを配信している日本語のオンラインカジノを見かけたら、当サイトで真っ先にお知らせしますので、ぜひご注目ください。

最新 スロットレビュー
logo netent1
Gonzos Quest
車輪5
フリースピン はい
ジャックポット2,500
復習
playngo logo
Moon Princess
車輪5
フリースピン はい
ジャックポット50x
復習
netent logo small
Starburst
車輪5
フリースピン いや
ジャックポット
復習
playngo logo
Book of Dead
車輪5
フリースピン はい
ジャックポット
復習